福岡・福津のCS60サロン【サンタルーチェ】

皮膚トラブルの方、原材料をチェックしてますか?⑤

344 views
皮膚トラブルの方、原材料をチェックしてますか?⑤

前回までに4つ続けて

私の皮膚トラブルの経過と変えてきたことなどを

詳細を書かせていただきました。

 

皮膚トラブルや皮膚疾患がある方は

市販のCMをしているような

洗剤や柔軟剤、シャンプー、ボディソープ、食器洗剤、化粧品など

指定成分に該当している

合成界面活性剤の害があるものを避けましょう。

 

どこでも手に入るもので代用でき

重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、マグネシウム粒

などで洗濯も、食器洗いも、お風呂も安価に切り替えることができます。

 

というお話をお伝えさせていただきました。

だけど

指定成分や合成界面活性剤を避けるといっても

カタカナばかりで覚えられない

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

そのため、今日は絶対避けてほしい

2つだけを覚えていただけたらと思ってご紹介させていただきます。

 

物を洗う日用品関係の洗剤

美容のために使う基礎化粧品やメイク類

スキンケアのための汗ふきシートや赤ちゃんのおしり拭き、保湿クリームやローションなど

原材料はちゃんと表示されるようになっているので確認できますが

何が体に害があって、アレルギー反応を起こすのか?は

覚えていないと難しいですよね。

 

私もなかなか覚えられず、ということもありますが

実は、自分の皮膚トラブルとは関係ないと思っていたんです。

 

今となるとお身体のケアを提供している者として

恥ずかしいです。

 

この前までの記事を読んでくださっている方は

おわかりかもしれませんが

振り返るといくつも皮膚トラブルが起きているのにもかかわらず、

1番の原因は他にあると思っていました。

 

そこで気づかされたのは、きちんと原材料を確認すること。

少なくとも最低2つはチェック。

 

*硫酸系

生殖器系に毒素を蓄積しやすいと言われています。

*スルホン酸系

たんぱく質を傷つけたり、赤血球を破壊するリスクが高い

このような成分が入っているかを

まずご自宅の洗剤や化粧品でチェックしてみましょう。

 

⭐︎見方のポイントは

カタカナ+硫酸

カタカナ+スルホン酸

私はヤ◯の実洗剤で、手荒れが再発したのを気に

ようやくチェックすることが当たり前になりました。

「無添加」

「天然」

「自然」

と言われているものでも

入っていることが多いという衝撃の事実。

 

健康に良さそうと思われても

違う角度でみると、

良くないものも含まれてたりするのは食品と同じだと思います。

 

もし見つけたら

まずその製品を使うことを止めることから始めましょう。

皮膚トラブルの解消のための対策の第一歩です。

 

そして

安心して使えるものを選べるようになること。

自分の肌は、自分で守る

小さな子どもさんの肌は、

ママさんが守ってあげるしかありません。

 

皮膚疾患となると、有害なものの使用を

まずやめることと

必要な栄養をコツコツとることも大切になります。

 

お肌のことで悩んでいる方

市販で選べるものがないとお困りの方

お気軽にご相談くださいませ。

 

9/20にお茶会を開催致します。

簡単なお勉強をしていただきつつ

いろいろお話し致しますね。