福岡・福津のCS60サロン【サンタルーチェ】

自然派洗剤なのに手荒れ?その解決策は?④

345 views
自然派洗剤なのに手荒れ?その解決策は?④

4つ前の記事から私の手荒れ

皮膚トラブルのことを書いております。

 

自分なりに気をつけていたのに

何度もやってくる手荒れ

完全に治らない皮膚トラブル

今回で根本的な改善策をようやくお伝えできます笑

 

自然派の食器洗剤

自然派のシャンプー

原材料のシンプルな固形せっけん

自然派の化粧品、または手作り化粧水

などに使うものを変えて過ごしていました。

 

シャンプーに至っては

重曹シャンプー+クエン酸リンス

を使うようになりましたし

お洋服の洗濯洗剤もマグネシウム粒や

セスキ炭酸ソーダなどを使うので

合成界面活性剤に触れる機会が

本当に少なくなっていたので安心して過ごしていたんです。

 

なのに。。。

またやってきた手の痒み。

 

結構しっかり取り組んでいるのになぁ。

と思いつつも、原因は

市販されている食器洗剤

 

自然派といわれる「ヤ◯の実洗剤」

界面活性剤○%と書いてはあります。

 

でも、油を使った食器や調理器具を洗うには

界面活性剤がないと落ちませんし

界面活性剤がもっと少ないものを選ぶと

洗剤を倍くらい使うので、コストがかかってしまう

その理由で使っていましたが

もう原因は、これしかありません。

 

どうしたものかと考えていた頃

「指定成分」という情報が入ってきました。

私にとっては初耳です。

 

*指定成分とは(ネットから引用) ・・・・・・・

「表示指定成分」とは、

使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の

肌トラブルを起こす恐れのある成分として、

薬事法によって商品への表示を義務づけられた成分です。

表示の目的は、使用者が事前に肌トラブルを避けることができるようにするためで、

現在は以下の102種類に、香料を加えた103種類が指定されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単にいうと体にトラブルを起こす成分がありますが、自分でチェックして判断してくださいね。

ということなんです。

 

皮膚トラブルで悩んでいる方や

子どもさんのアトピーをどうにかしたい

ママさんは知っている方もいらっしゃるようですが

そうでなければ、なかなか日常の中で入ってこない情報です。

 

そうなると、

まず皮膚トラブル、皮膚疾患で悩んでいる方は

市販のお店で買える

シャンプー、ボディソープ、洗顔、基礎化粧品

メイク用品

汗拭きシート、制汗剤

食器洗剤、洗濯洗剤、柔軟剤

トイレやお部屋で使う洗剤

肌に直接触れるものは、全部使えません。

 

そこで、最近は

重曹

セスキ炭酸ソーダ

クエン酸

マグネシウム粒

などで

合成界面活性剤が入らないものを使い

体に優しいものを選ぶと良い

ということが、わかってきますよね。

 

これでずいぶん解決できる方も多いと思われます。

あとはお身体の回復に必要な栄養も摂っていくことも大切になります。

 

しっかり回復させていくために

合成界面活性剤などの指定成分を避け

皮膚を元に戻すための栄養も摂ることが必要です。

今の日本は、〇〇だけで良い!

というような便利な方法だけをテレビや雑誌

ネットにかいつまんで発信されていますが

体に蓄積されてきている毒素の排出

皮膚を守るための製品の両輪で

本当の健康を取り戻すことができるようになります。

 

症状からの回復は個人差がありますから、

徹底的にしなくても良くなる方もいるかと思いますが

自己治癒力をサポートすることを考えると

しっかり取り組める方法はお伝えしておきたいなと思いました。

 

もし市販の合成界面活性剤をやめて

自分の健康にはいいけど

・洗濯の汚れがあんまり落ちない

・洗濯しても臭いが気になる

・食器洗剤、やっぱりもう少し落ちやすいものを使えたら、、、

・もっと美容効果があるものを本当は使いたい

そんな健康と便利さ、健康と美容効果で

葛藤を抱えている方はご相談くださいね。

 

次回の記事は

洗剤や化粧品などの原材料のチェックの仕方を

お伝えさせていただきます。