福岡・福津のCS60サロン【サンタルーチェ】

心の病気に必要なものは何?

355 views
心の病気に必要なものは何?

サンタルーチェには、

体の不調でお越しになられる方が多いですが

実は心の不調の方も増えてきています。

統合失調症やパニック

不安が強い

頭の中が忙しい

幻聴が聞こえる

イライラする自分が嫌

いろいろ試したけど、どれも効かない

心がツライのに、どうしたらいいのかわからない

などなど様々です。

情報の偏りなのか

どうしてもスピリチュアルな方に

考えや捉え方が偏ってしまっていたり

独自のケアをされていたり

または長年続いていて諦めていたり

という方ばかりです。

その心も思考も今までの経験からというのは

要因のひとつではあります。

不調や不具合を感じ続けていて

スピリチュアルな影響からきている

その部分をどうにかしたいというお気持ちは

よくわかります。

ですが

心も思考も作り出すのは

肉体に入っている

または今まで入ってきた

栄養素で作られています。

ここを知らなかったり

軽くみている方も多くて

あなたの体にとって

足りない栄養素を補わず

外側から受けるセラピーなどを受けても

細胞自体の変化は起きにくいという

現実があります。

スピリチュアルなエネルギーを整えるにも

肉体が整っていなければ安定しません。

一時的には変化を感じるかもしれませんが

また戻ってしまう状態になっていて

「なかなか良くならない」

ということが引き起こされて繰り返している

要因のひとつです。

もちろん何かしらのセラピーで心が

楽になったりはします。

ですが

たくさんの方とお会いして思うことは

セラピーを受け続けられていても

それだけでは難しい方が多いようです。

それは私が以前

スピリチュアルなセラピーを

提供しているときから感じることでもありました。

(アメブロの方に記事を書いておりますが

古い日付の方にCS60以前の記事を残しています)

 

今、スピリチュアルなセラピーを

主軸にしなくなったのは

体を根本的に整えることの大切さがあると

実感したからです。

CS60さえ受けていれば、、、

という考えの方もいらっしゃいますが

細胞を作り替えていく栄養が足りなければ

また同じことを引き起こすことには

変わりありません。

 

栄養は◯◯が良いという単純なものではないため

その方の状態によって変わります。

では何を食べたらいいの??

となりますよね。

なかなかお会いできない方に

参考にしていただきたいのは

基本的に日々『和食』です。

ご飯、汁物、副菜(お野菜多め)

ここをしっかり意識して

魚や鶏肉などを中心としたタンパク質。

和食は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が

豊富なものばかりです。

そして

・小麦を使ったパン、麺、粉物、お菓子をやめる

・白砂糖を使ったスイーツや味付けを避ける

・良いと思われている乳製品をやめる

・いろんな商品に入っている乳化剤を避ける

・サラダ油やマーガリンなどをトランス脂肪酸を 避ける

・食物繊維の多い食事を心がけ

 お通じをスムーズにしておく

・食塩ではなく、自然塩を使う

ここは大事なポイントになります。
全部できなくても、まずどれか一つでも
スタートされることをお勧め致します。

このお食事のポイントは

体の不調の方にも当てはまりますので

ぜひ参考にされてくださいませ。

食材の中で避けるものの話しなどは

またお伝えしていきますね。