福岡・福津のCS60サロン【サンタルーチェ】

塩分ってなんだと思っていますか?

567 views
塩分ってなんだと思っていますか?

突然ですが

塩分ってなんだと思いますか?

と言われる方がほとんどでしょう。

今日ふとテレビを見ていた時に

ダイエットの企画の中で

「塩分は浮腫むため、カリウムの多い野菜を食べると浮腫が解消させていきましょう」

と言われていました。

違和感なく、聞こえるかもしれません。

ですが、私は「浮腫む理由の塩分」を
「塩」という一言でまとめられた表現がおかしいと思っているため

管理栄養士の人がその表現は
いかがなものかなと思ってしまいます。

塩の成分は、どんな塩?によって違いますから
きちんと塩の情報を伝えてほしいなと
常日頃から、そう感じているんです。

私が塩という説明をするなら
健康によい「自然海塩」を前提に

・塩化ナトリウム
・塩化マグネシウム
・カルシウム
・カリウム
他、微量元素のミネラルが含まれているもので

安価に販売されている「食塩」は

・塩化ナトリウム
のみ

または
食塩と外国の塩の成分を溶解して
混ぜたものを指します。

は◯たの塩、赤◯の◯塩は

自然海塩ではありません。

テレビで言われる塩分は

水分を溜め込む性質のある塩化ナトリウムのことですから「食塩」ということになります。

もちろん自然海塩にも含まれますが

反対の作用として水分を排出するカリウムも含まれるため

浮腫むことはありません。

子どもの頃から塩分の摂り過ぎはよくない

と聞かされつづけ

いまだに減塩が健康に良いと思い込んでいる方が多いため

日々お会いする方には『適塩』のお話をお伝えしているところです。

先日、お客様が頭が痛くなっているとき

「なんだか梅干しが食べたい」と思い

1粒食べたところ、しばらくすると

頭痛がスーッと引いたんです。

梅干しってすごいですね!

と報告してくださった方がいらっしゃいました。

その梅干しは

私が昨年ワークショップで開催した

昔ながらの梅干しの漬け方で

自然海塩18%のもの

頭痛が解消した理由として考えられるのは

ミネラルが体内に入り、頭痛の要因となるところに届いたからでは?

ということです。

他に

自然海塩と胃痛などの胃の不調

自然海塩と腸内環境

自然海塩と冷えや低体温

自然海塩と慢性疲労

自然海塩と心の不調

など、自然海塩に含まれる成分で

体の不調が改善されていくという事例はたくさんあります。

逆に食塩(塩化ナトリウム)で引き起こされる不具合は

内臓疾患

心の不調

浮腫み

などはみなさんもご存知の内容でしょう。

ちょっとしか使わないから安い食塩を使う

と言われる方がいらっしゃいますが

その少量でも体の不具合を引き起こす要因になるものを

日々蓄積させているということに気づいてほしいところです。

店頭で自然海塩を選ぶ目安は

まず裏の表示に「立釜」「溶解」の

どちらの表示がないことを確認してください。

製造工程に「平釜」「天日」少なくても

このどちらかは記載されているものを選んでください。

自然海塩は、健康の底支えをしてくれる優れものです。

テレビなどの情報を鵜呑みにせず

別の角度での情報をきちんと取り入れていきましょう。