福岡・福津のCS60サロン【サンタルーチェ】

コロナ後遺症でツラい方へ

608 views
コロナ後遺症でツラい方へ

2年前からコロナが流行り、今も続いておりますが
感染した方が後遺症に悩まされているという声も多いようですね。

〈新型コロナ後遺症とは?〉ネット参照・・・・・・

新型コロナ後遺症の原因はわかっていないことが多くあります。
病態として単純なものではなく新型コロナウイルス感染の症状が続いていること、
ウイルス後疲労症候群、集中治療後症候群、肺や心臓への恒久的障害
これら4つが複雑に絡み合ってでている症状と考えられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、何気なく見たテレビでコロナ後遺症が続いている方が話をされていました。

「人に理解されない」
「病院での治療方もなくて辛い」

咳が続く、味覚障害や倦怠感など
本当にツラい日々が続いているのだと思います。

その中で病院の先生も
「病院で検査してもどこも異常がない」

と言われていました。

そうでしょう。
検査データ→異常なし→問題はない。

となると

病院でできる治療はない。

となります。

コロナ後遺症ではありませんが
私も以前、慢性疲労症候群の症状でツラい日々を
過ごしました。

そのときも
「検査は問題ないからねぇ、様子見てください。」
と何度もいわれました。

そして友人などに話してもわかってもらえない。

怠いというと、怠けている、
まだまだ若いのにそんなこというものじゃない

運動したらスッキリする
気合いが足りない、と言われたものです。

そういった無知な方々が周りにいると
本人は精神的に孤独になっていくんですよね。

 

話しは戻りますが

コロナ後遺症の症状としては
・倦怠感
・咳
・息苦しさ
・味覚障害
・集中力低下
・うつ
・認知症
などあるようですね。

ひとつ言えるのは、
大きな栄養素不足が起きているということ。

治療の関係で、たくさんの薬を使い続け
回復の過程でも自分に必要な栄養素が摂れていなかった。

または、コロナに感染する前から
その方に必要な栄養素不足が続いていたかとも考えられます。

これは、無自覚の場合もありますし
何かしらの不調を感じていたのであれば
栄養素不足で回復できていなかったと思われます。

昨年の緊急事態宣言中に
自宅療養で届いていた食糧や
ホテル療養で出されていた食事をお伺いしても

とても病気の方が食べて良いものではないものが
届いていたようです。

食事というものを軽んじたものだと
つくづく感じました。

コロナ後遺症の症状は、数週間、数ヶ月、半年、一年と人により、続く期間が違ってきているようですが
ツラいというのは、短くても長くても同じかと思います。

サンタルーチェでは、コロナ後遺症の方も受付しております。

病院に行くのが当たり前の方は
代替療法で対応できると理解してもらえるのかわかりませんが

①細胞の根本から治癒力を高めていくCS60施術と

②薬の影響を減らしていくためのデトックスフットバス

③その方の抱えていらっしゃる症状を
回復させていくために必要な栄養素を摂る食養生

④またメディカルアロマなどで対応していきます。

動くのもツラい方には、出張もさせていただきます。

コロナ後遺症の場合は、施術の時間は通常と変わることもあるため
お申し込みの際にメッセージ欄へ一言お知らせくださいませ。

人にわかってもらえないツラさを抱えた方が
元の生活へ戻り、今まで以上に楽しく過ごせるよう
回復までしっかりサポートさせていただきます。